忍者ブログ
恋の悩みを解決できる有益情報満載!
10
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    恋愛に興味がありすぎて





    相手を愛する感情だけが愛し合う二人の仲を一つに結んでいる。支えあう関係だからどっちも大切な人に、決していい加減な事ができない。その責任感が女を、同時に異性としての男を磨くのだ!

    デートの最後、最後はあえて引っ張る事をしないで、最も離れたくない時間帯で振り切ってでもデートがおしまいになれば、次のデートも何回でも一緒に行きたいなという感情にさせる事が可能になります。

    雰囲気の助けがないと女性に声をかける事ができない、そんな男はきっと“男性性”がたりない。おそらく“男性性”が強い男ならムードが少なくてもイケイケで攻められるし、むしろ女性がこちらに寄ってくる。

    与えあう関係の恋愛は長続きすると見込まれる。普通の人間は「こちら一人で愛を受けている関係は苦手」と感じる事がしばしばある。違う言葉を使うならば、「受けたお恩義は返したくなる」と言う事である。

    気ままな事ばかり言うタイプの「いわゆるギャル系の女性」は男性からは好感をもたれない時が多い。「デートしているとき、振り回されるばっかりで、クタクタになる」印象があると言う事。

    出会いの巡り合わせがあれば、間違いなく愛し合えるなんていうウマい話があるわけないです。と言うより、恋愛に発展しさえすれば、何の変哲のないところでも、2人の出会いの庭へと変身します。

    自分の愛している異性に恋愛の相談を切り出されるのは微妙な気分になるでしょうねが、愛情の本当の形が何であるかさえ納得できていれば、実際には相当幸運なハプニングなのだ。

    恋愛をしている時の悩みという感情は、質と状態によっては、容易に明かす事が許されず、不安定な頭を擁したまま悪循環に陥りがちです。

    男の知人から悩みや恋愛の相談に乗ってくれと頼まれたら、それは一番気になっているとは言い過ぎかもしれないけど親近感を抱いている印です。好印象を加速させ接近する誘因を創りだす事です。

    小・中・高・大学、全部女の子だけ入学できる学校だった主婦からは、「恋愛に興味がありすぎて、社会に出るまでは、話した事のある男を瞬時に意識してしまっていた…」といった昔話も入手できました。


    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    [440]  [439]  [438]  [437]  [436]  [435]  [434]  [433]  [432]  [431]  [430


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]